Togaras1の孤独な備忘録

全く有用性のないひとりごとの掃き溜め

ダメ人間行動学

僕は自分が非常にダメダメな人間だと思っているし、実際そうであって、そうと認める人間も少なくない。

 

過去の、あり得ないような失敗の数々は懺悔するべきだけではなく、人類に予想できない教訓を与えたことだと思う。

 

さて、このような導入を行うと、読者の皆さんは、今度はなんだろうと思うに違いない。

今回は、ゲームなどのプログラムとそのセーブデータ、音楽、コード(バックアップ済み)が満載のDディスクをふっ飛ばした話だ。

 

今日、Amazonから多くの荷物が届いた。

簡単にいうと

サイドアドレス型単一指向性コンデンサーマイクとその周辺機材

コールマンのパーコレーター

RaspberryPi 3 B+である。

 

もうすでに、もうこの時点でなにをしたのかわかる人もいると思う。

 

 

僕は迷うこと無くRaspberryPiにArchを導入しようとした。

 

それにより僕の世界は瞬く間に暗転し、希望の光を失ったのだった。

 

そんな経緯もあり、本当にNOOBSは、おすすめだ。

僕のような間抜けのためだけではなく、間違いはもちろん手順を大幅に減らすことができる。こんなバカに偉そうに言われても説得力はないだろうが。

 

 

さて、まずWindowsでRaspberryPiにArchを導入しようとするとパーティションを分ける必要がある。

これにはWindows付属のディスク管理ツールでは不可能であり、固有のソフトウェアを導入する必要があるということだ。

本来であれば、VMwareなどを用いてLinux環境でディスクを操作するのが正しい方法である。

 

一方、脳細胞の9割以上が仕事をしていない状態で操作をしていた僕はなぜかディスク管理ツールで内蔵HDDをぶっ飛ばした。

本当になにが起こったのかよくわからなかったが、内蔵HDDはディスク管理ツールだとなぜか未割り当ての領域であった。よって内容量が空というような振る舞いをしてい、それがDディスクかどうか注意深く見ていなかった、そして内容量が3800000MBだということにすら気づかなかった間抜けはそれをフォーマットした。しかもLinuxとは縁のないNTFSだかなんだかで、なぜそんなことをしたのか、もうコンピュータ破壊したくてたまらない衝動があったからとしか言い様がないほど阿呆の所業なのだが、実際に起こしてしまったことなのだ。

 

しかし、操作を開始した瞬間から、既に異変に気づいたのだった。だが僕の見ていた世界は瞬く間に再構成され、取り返しのつかない事態へと一瞬で執着を遂げた。

 

眠たかった頭は覚醒し、手汗がダラダラと流れ出て、僕はコンピュータの前で途方に暮れることしかできなかった。

 

頭の病気だとしか思えない。

なにか名前に心当たりがあったら教えてもらいたい。

 

今は復元ツールで復元している最中だが、今現在も眠い。

 

 

覚醒していても行動の整合性に問題がある人間なので、眠たかったら作業を放棄して寝ることに準拠しなくてはいつか僕は大きなプロジェクトをぶっ飛ばして反逆者として追われることになっても何らおかしくないと思う。

 

とても疲れていたのかもしれないし、今既にいつから起きていたか覚えていないので、連日の睡眠不足との相乗効果でふっ飛ばしたのだと思う。他にもいろいろ精神的に来ているモノがあったのかもしれないが、コンピュータのシステムを破壊した言い訳を僕にさせても僕はなにも得しない。

 

もう一つの愛機であるMacBookProをもふっとばす羽目になったら今見えている部屋の光ですら消える気しかないのでそうしないうちに今日のところは寝たいと思う。

今日の報告(6/8)

今日の報告、さぼってたらまさかの催促がきてしまったのでやる。

 

ここで、僕から悲報がある。これから2週間ほど、進捗がでない可能性が非常に高い。

今の気持ちを一文でまとめると、「このストレスをゲーム制作にぶつけたい。」と言った感じである。

 

こうなった経緯を説明したい。

 

まず、僕は、大学で新たに音楽サークルを作った。作曲をしたり音楽の評論を活動目的とするいわゆるDTM研究会とか、EDM愛好会を兼ねたような存在なのだが、今そちらに今ようやく人が集まりつつある。まだまだ忙しくはないが、6月末に一度ミーティングをする。まあしかし、これは特に問題ではない。

次に、中間試験がかなり本格的に行われている。このまま遊び呆けていると死んでしまう。

さらに最悪なことに、1年生にプログラミングを好きになってもらうためなど、複数の目的達成のために行うプログラミングワークショップの講師になったのでこれのプレゼンを作る必要がある。

計画では数日にわけて3時間45分しゃべることになるらしい。

 

今、僕は一週間前に描いた絵のクオリティに満足できないほどには絵のモチベーションが高い、がしかしリテイク作業に着手するのは非常に難しい。
かわいい女の子をこの世に生み出せないのは辛くて堪らない。

 

ワークショップの第一回は来週の金曜日。

もう既に誰も来ないということはないのだが、できるだけこのような活動の存在を周知させていく必要があるのでアナウンスは協力者も募って行うことにしてある。

今日は2限からでいつもは9時に起きてダラダラと学校に行くのだが、教室の貸出申請を急ピッチで行う必要がある。教員の協力が必要な場合も考え、明日は9時には学校にいるだろう。

 

正直いって、すべてやろうと思っていたことなのだが、同時にすることになるとは思わなかった。

プログラミング講座に関しては今回、突然決まったことだった上に時期をズラすと今よりも辛い状況を作り出す可能性があったのでこうなった。

 

かわいい女の子を作り出すためにもアイディアは絶えずメモし、進捗を出せない間の活動としたい。

今日の報告(6/6)

おはようございます。座布団枕にして布団のないこたつで22時半から2時くらいまで寝てしまい、そこから寝れなくなりました。

今日は学校午後からだし、適当に午前中に仮眠とっていけばいいかなーなんてゆるく考えてます。

 

さて、今日のモチベーションはこんな感じ。

 

評価値 60% そこそこ元気 スランプだったけどおでん食べたら治った。

プログラミング 10% やりたくない

絵 30% 落書き程度なら

音楽 55% 作曲したくてたまらない

シナリオ 5% やりたくない

いくつかの科目で中間試験があるので勉強しつつ音楽しつつと言った感じの生活をしてました。

絵の進捗は全く出ませんでした。

絵は積極的に進捗出していきたいのですが、精神と時の部屋でも描き上げることは難しいかもしれないです。

 

音楽のモチベーションが昨日に比べて非常に高く、絵のモチベーションは比べて低いです。

また、プログラミングのモチベーションが非常に低いですがこれはあくまで趣味でやる上でのモチベーションですので業務としてのプログラミングならできると思います。

 

今、音楽に関しては必死にいろいろ調べています。

とりあえず、自分が情報弱者だということがわかっているので、よく調べて必要な情報を集めていきたいです。

 

やっていることとしてComplextroというのに関心があるのでこれを作ることを目指して情報を集めています。

 

内容としてはベースをカットアップにする感じです。

今までElectroHouseとして聴いていた曲のいくつかが細かいジャンル分けの上ではComplextroというらしいです。

この曲が作れるようになるためにはDubstepみたいなWobbleBassが自由自在である必要があったり、結構敷居が高いのですが、ElectroHouseの入り口は確実にこいつだったので頑張って身につけていきたいです。

 

情報収集とはネットで調べるだけですが、その上で様々な音楽とも出会えるので結構楽しいです。

頑張って音屋になります。

 

それでは、テストがあるのであまり進捗出せないと思いますが頑張ります。

自分の各方面のモチベーションを絞り出して数値化し、ログを取ってみようと思う。

まず、僕は今、ポートフォリオとして自分の名刺代わりに使えるようなゲームを作ろうと思っています。
つまり、それ一つ見せればだいたい今までなにしてきて、なにができるかわかるといったようなものです。

 

今まで一度、ゲームを公開したことはあったものの、もう既に作ったのは3年前、栄光にもならないただの妄想のような存在です。

 

そのために今していることとして、今までもある程度活用してきた。ドット絵を活かせるように頑張ること。

音楽も嗜み程度にやっていたので挑戦すること。これは今一番関心があり、モチベーションも総合的には圧倒的に高いけど、学習コストがすごく高いので無理だったら音屋さんに依頼します。

そしてもちろんコーディングもします。

まあとりあえずこんな感じでやってみようとは思っています。

これだけですべて実現すればゲームを作るリソースはあります。そして自分はどんなゲームが面白いかはまあまあわかっているつもりなので、ゲームの企画までなら吐けます。

 

しかし、一番の問題は設定制作です。

設定制作にはシナリオが書ける必要があるので、それができないとちゃぶ台返しです。

つまり、絵が描けてもなにを描けばいいのかわからないし、プレイヤーになにをモチベーションにしてもらえばいいのかわからないということです。

 

今回全体の雰囲気として目指すのはかわいさで、主人公も女の子にすることを考えています。

ドット絵で、エフェクトが生きるし、音楽もうまくいきるというとシューティングゲームしか思い浮かばなかったのでまたシューティングゲームを作ります。

また、慣れているのでリソースを作る部分に作業を割けると思いました。

 

これほどの情報があっても主人公の女の子が何のためになにと戦えばいいのかわからないので困っています。

 

しなくちゃいかんことが多いし、常になにをすればいいのかわからない状態です。

さらに、その日ごとに気分があります。

プログラミングは既に結構できる部類なのでモチベーションが上がった時には結果が得やすいですが、今学習しながら進めなくてはいけない項目に関して進捗に明らかな遅延があります。

なので、よく進むようなプログラミング作業は一旦止めたほうがいいのかもと思うし、逆にやろうと思ってもなかなか進捗がでない絵とか音楽はかなり重点的にすすめて行かなくてはならないとも思います。

制作進行にはToDoリストが必要不可欠で、今も活用してはいますが、それだけではなくすべてを自分でしなくちゃいけないとわかったいま、なにをするのが今の自分に適しているのかよくわからないのです。

ここでようやく本題です。

自分のモチベーションをこのブログを使ってなるべく明確に数値化していこうと思いました。

本当は自分のサーバーでグラフをつけながらやりたかったのですが、今現在死んでいるので無理です。

 

つまり、各項目のモチベーションを数値化して記録するという作業を自分にさせることによって自分が今なにをしたいのか明確にしようという試みです。

 

もっとも実験なのでうまくいくかわかりませんが、進捗と合わせて報告していきたいと思います。

 

進捗はBitbucketでプライベートリポジトリとして管理しているので皆様にお見せすることはできませんが、優良有無の評定方式で自己採点します。

モチベーションは評価値というこのゲームの進捗をどれほど出したいと思っているかという数値とは別に各項目に全体で100になるように値を振り分けたりわけなかったりします。

 

項目は以下の通りです。

 

プログラミング

 デザイン(アナログ)

 アニメーション(アナログ)

 キャラクター(ドット絵)

 エフェクト(ドット絵)

音楽

シナリオ

 

絵はどうしてもデザイン、アニメーション、ドット絵のレイヤーをすべて別にしなくちゃいけないのでこうなりました。

今こうやって見てみると本当にやること多いしハゲそうです。

 

ちなみに今のモチベーションとしては

 

評価値 10% やる気なし もう寝たい

プログラミング 20% 今日はもうしたくない

絵 55% エフェクトのアニメーション描きたいけど今日はもう電池切れ

 デザイン 5%

 アニメーション 10%

 キャラクター 10%

 エフェクト 30%

音楽 15% 作曲のモチベーション上げる方法が知りたい

シナリオ 10% 今日は全くできる気がしない。

 

という感じです。

猛烈にやる気がなくなったので数値化してどこかにメモしようと思った次第です。

 

次からはかなり簡潔に書いていこうと思います。

おやすみなさい。

僕がアニメ「SHIROBAKO」を見たくないと思う理由

非常に香ばしいタイトルですが、僕はSHIROBAKOをリアルタイム、ニコ生の一挙、実家にある円盤で3周みています。今Dアニメストアで特に印象に残っている5話付近を見ていますが、やはりこの意見は変わりません。

 

まず、僕はこのアニメを見ると絶対に泣くのを耐えることができません。

 

さすがに号泣ほどではないですが、手元にハンケチがないと辛いです。

少なくとも2話に1度は涙腺が緩みます。

この5話付近を見ると常に視界が曇っています。

 

次の日学校なのに見た日には非常に良くないです。

顔を洗えばマシになりますが、目の下が赤い、まるで夜泣きしたみたいな女々しい僕が学校に行くことになります。

 

これが僕がSHIROBAKOを見たくないと思う最大の理由です。

 

しかも更に最悪なことに一度、1カットでも見てしまうとまるで川を流れる水のように切るところがありません。

 

内容を覚えてるのでどっから見始めてもなにが起こっているかわかるし、もう見る必要ないだろうと思うんですが、それでも見始めたらどうしようもないほど続きが気になります。

 

もう俺SHIROBAKOになったほうがいいよね。

 

本当にどうでもいい話ですが、なんとなく自己投影してしまいます。

高校のころゲーム制作でひたすらデスマしていた時とか、ピクセルアートをひたすら打ってた時を思い出してしまうんです。最も、今ピクセルアートを本気でやろうと思った時にSHIROBAKOを見たくなったわけなのですが。

 

例えば、ドット絵というのはもう今でこそ完全にオシャレとしての位置取りを確立していますよね。

しかし、線の流れを美しく描いたり、美しく配色するのはやはりドッターじゃないと難しいと思います。

相当慣れない限り基本的にアナログなアニメーションよりも時間がかかるし、線を描けなくても確かに描けないことはないですが、僕は今、ドット絵のアニメーションを描くためにアナログなアニメーションが描いてみようと思っています。

これはプロのドッターの間では当たり前のことですが、僕は静止画前提のドット絵しか描けないので、これからやることは多そうです。

 

以上です。

 

つまり、僕が言いたいことは、SHIROBAKOを見始めてしまったら最後。

あなたの日常は瞬く間に崩壊し、あなたはSHIROBAKOになることでしょう。

 

見てね。

僕がJD-Xiの初期設定をする上でハマったところ

皆さんこんにちは。僕の部屋で文鎮とも言えず、インテリアとも言えず、その中間くらいを微妙なラインで浮遊しているJD-Xiですが、観念してUSB-B Hi-Speedケーブルを購入し、コンピュータとつなぐことにしました。

 

しかし、初期設定でハマったところがあったので報告したいと思います。

 

JD-Xiのドライバーをコンピュータにインストールするところまでは問題なく手順にそって行うことができたのですが、問題はReadme.htmに記述されているこの項目です。

 

JD-Xi の USB Driverを「VENDOR」に設定してからご使用ください。

 

なにをいっているのかわかりませんよね。

 

僕は本当にわからなくて、試行錯誤の後、諦めるのも致し方無いと思いました。

 

だって、どこを調べても

JD-XiのUSB Driverを「VENDOR」に設定してからご使用ください。

としか記述されていなく、それ以上の情報がなかったので。

 

とりあえず、この文章を日本語訳するとこうです。

 

JD-Xiをコンピュータに接続してUSBデバイスとして認識させるにはJD-Xi上の設定を変更する必要があります。MenuからSystemを選択し、MidiのUSB Drvの項目をGENERICからVENDORに切り替えてから接続してください。

 

という意味です。

 

つまり、JD-XiのUSB Driverというのはコンピュータにインストールしたソフトウェアのことではなく、JD-Xiの中にあるUSB Driver(USB Drv)という設定項目のことを指し示しているわけです。

僕はJD-XiのUSB Driverと言われてソフトウェアだと思い込んでいたのでこの文章を正しく解釈することができませんでした。

 

ちなみにこれがJD-Xiの設定項目のことだと気づいたのはRolandの英語のマニュアルの「The USB Driver Mode setting in the JD-Xi」(JD-Xi上のUSB Driver Modeの設定)という文章を見たからです。

おそらく鍵盤が弾けないのにJD-Xiを買うレベルの低能でなければ誤解しないと思いますが、多分結構な時間悩んでいたと思うのでどこかにいる同志のためにも備忘録として残しておきたいと思います。

 

JD-Xiのコンピュータ上での設定はまだ終わってませんが、試しにMIDIキーボードとして接続してみた感想は、僕はJD-Xi(Rolandの5万円のシンセサイザ)のMicrokey(KORGの8000円くらいのMIDIキーボード)部分しか使ってないなあと思いました。

 

想像していたように演奏は前よりは格段に容易になったので捗ります。

 

一通り操作を覚えて1曲くらい書けたらなと思います。

 

それでは、備忘録兼近況報告でした。

僕が自宅サーバーをおすすめしないいくつもの理由

みなさんこんばんは、今日は鯖です。

 

僕は自宅鯖を運営しています。

自宅鯖ではgithub cloneであるGogsを運用し、プライベートリポジトリの保存先の一つとして使っています。

 

しかし、昨日の「pacman -Syu」後の「reboot」以降鯖機がすべてのネットワークから孤立しました。

 

直接画面を繋ぎいろいろいじってみましたが原因は不明であり、特定も非常に難しいというのが結論です。

 

とりあえずArch Wikiのネットワーク設定で言うところのデバイスドライバの段階で問題が発生しているということだけはわかります。

 

ただ、あまりにもドロドロしていて、かなり時間を掛けて様々なことを試しましたが原因の特定すらできないので現状諦めるという結論に至っています。

 

しかし、鯖機には保存していた重要なデータも残っているのでなんとかサルベージしなくてはなりません。

とりあえずUSBメモリを繋いでみましたが、vfatが読めないらしくてマウントできません。

 

次に再インストールするときにインターネットに繋がるのかを試そうと思いましたが、どうやらリムーバブルディスクのブータブルデバイスが認識できなくなってい、自分が一ヶ月前どのようにしてインストールしたのかすら謎になってきました。

 

なので、

自宅鯖は

 

電気代がかかる

 

機材管理維持費がかかる

 

アップデートすると再起動後にネットワークに繋がらなくなったあと、原因究明中に一般的な原因から超越していることが判明し、原因不明と定義づけざるを得ない状態になりリムーバブルディスクも認識しなくなるしマウントもできなくなって電動文鎮と化す。

 

以上の理由により運用をおすすめしません。重要なデータは何重にもバックアップを取りましょう。